ステーショナリー

保育士に関する知識や技術が学べる大学に行こう

専門的な資格が必要

勉強

保育士は、子どもたちの人格形成などにも大きく関わる仕事です。また、動きが活発な子どもたちは、遊んでいる間に思わぬ怪我をすることもあります。保育士はそういった安全面にも注意をしながら保育をしなければなりません。また、保育園では、歌をうたう時間や工作をする時間などがあります。そういった時間ではピアノの伴奏や美術面での技術も必要になります。そのため保育士になるためには知識や技術に関する様々な事を学ばなければいけません。大学や短大でも保育士になるために重要な科目を専攻すれば、実践でも使える勉強が出来ます。大学や短大で学ぶ事によって、保育園以外でも学校専属のカウンセラーや児童養護施設などの幅広い職場でも需要がありますから、そういった現場でも活躍出来ます。また、大学によっては保育園での実習を行なっていないこともありますが、そういった場合はアルバイトなどで保育士助手などの仕事をして、実際に子どもたちと触れ合うという方法もあります。

保育士だけではなく、大学や短大では幼稚園教諭専門の学科もあります。保育士と幼稚園では保育の目的が異なりますから、専攻する学科も異なるのです。また、保育士、幼稚園教諭、衛生管理者も資格を保有していれば年齢に関係無く再就職や転職をすることが出来ます。また、就職活動にも有利になることもありますから、持っておくと自分の自身にも繋がります。また、色々な社会経験をしてから保育士や幼稚園教諭、衛生管理者の仕事に就く事で、今までのノウハウを現場で活かせる場合のあります。

実習が出来る学校を選ぼう

女性

幼稚園教諭になりたいと考えている人は、幼稚園の現場で必要になる資格を取得でき、実習時間を設けている大学に進学すると良いでしょう。そうすれば、実習で学んだ事を実際に現場に立った時に活かすことが出来るでしょう。

View Detail

後から資格を活かす

成人

衛生管理者の仕事は需要が多くあるのに対して衛生管理者の資格を取得している人が少ないというのが現状です。だからこそチャンスと言えますので、衛生管理者の資格を取得したあとにすぐに就職することが出来ます。

View Detail

実践的な技術を学ぶ

女性

保育士になるためには、大学に行って保育に必要な科目や技術などを学びましょう。保育士の仕事は、子どもの精神面や教育だけでなく、体力なども必要になります。大学を選ぶのでしたら、実践的に学べる学校を探しましょう。

View Detail